イタリア旅行記(’13夏)ローマ近郊の古代都市をめぐる

引き続き2013年8月に旅した南イタリア旅行編を更新します

カステッリ・ロマーニのホテルをチェックアウトして、ローマ近郊の小さな街を2日かけていくつか回りました。

まずはヴェレットリ(Velletri)
RIMG2565.jpg
ここの街にも斜塔があります。写真で傾いているのがわかりますか?

ウォルスキ族(Volsci)の古代都市だったこの街、現在は人口5万人程の街です。

次はニンファ(Ninfa)へ。
RIMG2568.jpg
すっごくきれいな所だけれどなんと...閉まっていて中へ入れませんでした
駐車場にで待機して様子をうかがっていると他の車も来て中に入れないことを確認して諦めて帰っていったので残念だけれどまたの機会にということで。
写真は外から背伸びして撮影(笑)

ニンファの庭からほど近いノルマ(Norma)
RIMG2576.jpg

RIMG2570.jpg
小高い丘を上っていくと昔の壁が残されています。
歴史地区の一番高いところから、古代の時代の壁が街を囲っていた跡が見えます。

それから、私が一番好きだった街のひとつ
コーリ(Cori)
RIMG2580.jpg
こんなせまい道を車で通過していくのはハラハラしました!

中世から時間が止まったみたい..。
RIMG2586.jpg

急に降った雨が止んだので街を上がって下って散策。
RIMG2591.jpg

上がって下ってというのは、この街、地形を生かした作りと言うか、街全体が地形にとけ込んでいるのです。
丘ひとつが街そのものと言ったらよいのでしょうか。
段々と家が丘に沿って建てたれ、家々の間の小さな小道が迷路のように街の中をぐるぐると這っているのです。

イタリアは特にひとつひとつの街が個性的で違った表情で楽しませてくれるのがすごいところで、このローマから1〜2時間の人口1万人程度の小さな街も然り。

紀元前から栄えていたこの街は、ローマの街となった。
中世に他の力を持った一族に占領されるがまた教皇領に戻る。

夢中になって歩いていて気が着いたら夕暮れの時間。
RIMG2595.jpg

車と停めた場所まで帰れるか私は心配でした。
ピツェリアで夕食を済ませる。
でも、どうやら街を一周していたようで見覚えのある場所に出ました。

文章ではコーリの魅力が伝えきれなくて、ブログを読んでくださった方にどんな風に街が成り立っているのかお見せ出来る写真を別のサイトからお借りしました。
14525755.jpg

97601836.jpg
(写真はMetro Europe: http://www.meteo-europ.com/it/it/lazio/cori-foto.html)

翌日も美しい街を訪れました

おっと、忘れていましたがこの日宿泊したB&Bが本当に素敵でした!!
Rocca Massinaという街のB&B L'Arcangelo Booking.com

あー、何で写真撮り忘れちゃったんだろう。。。
B&Bは街の一番高い場所の岩をくり抜いた中にあるのです。
ここに泊まって写真撮るためだけにでもまたここに行きたいくらい素敵な空間でした。
Booking.comにも写真が載っているので気になる方は是非ご覧になってみてください。



ブログランキングに参加しています。1クリックにご協力お願い致します!!
↓↓↓旅の励みになります↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



〜旅の道づれ
スポンサーサイト

イタリア旅行記(’13夏)カステッリロマーニを散策

2013年8月の南イタリア2週間の旅行記です。

イタリアに着いて2日目。
カステッリ・ロマーニのホテルで朝に目が覚める。
そう、猛暑の日本からローマ郊外の避暑地へやってきたのだった。
朝のさわやかな空気がとても心地よい。

この日は一日カステッリ・ロマーニを歩き回りました。

RIMG2525.jpg

古代ローマの時代に建設された地下貯水池
RIMG2529.jpg
古代にこんな巨大な貯水池と水道の技術があったことに驚く。

キジ宮殿(Parco di Palazzo Chigi)
RIMG2539.jpg

キジの宮殿の庭を散歩。
緑がいっぱいで静かな場所!

昼食は一番有名であろうローマ料理のカルボナーラとアマトリチャーナを。
イタリア人の友人に作ってもらったのをごちそうになったことはあったけれどローマで本場のカルボナーラをいただいたのは初めてでした!
日本式のカルボナーラ(クリーミーなカルボナーラ)よりイタリア式のほうが好きです。

RIMG2536.jpg

そして夕食
RIMG2537.jpg
これです。ポルケッタ
豚の丸焼きちゃん・・・。
お店で薄く切ってもらったのもをパニーノにしてもらって食べた。

夕方に。
RIMG2548.jpg
カステル・ガンドルフォから望むアルバーノ湖の絶景。
心に残る美しい風景でした。

ローマ観光の際には1日カステッリ・ロマーニを訪れてみてはいかがでしょうか?
特に夏、暑いローマから1時間足らずで心癒される高台の避暑地へ行くことができます。

さて、夏バテした身体を休めたあとは
翌朝カステッリ・ロマーニをあとにして南イタリアをたくさん見て回ります♪♪♪


ブログランキングに参加しています。1クリックにご協力お願い致します!!
↓↓↓旅の励みになります↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



〜旅の道づれ

イタリア旅行記(’13夏)ローマ到着

2013年の南イタリア旅行記、1日目です。
夜7時過ぎにローマ・フィウミチーノ空港に到着しました。
ここで旅の道連れと7ヶ月ぶりの再会。

そのまま車でローマ郊外の丘陵地帯、カステッリ・ロマーニへ向かいました。
夏でも涼しい避暑地で、歴代のローマ教皇も夏にお過ごしになるところ。

RIMG2560.jpg
教皇が過ごされるガンドルフォ城は写真の中に小さく..。よく見えませんね。

ホテルはカステル・ガンドルフォのHotel Castel Vecchioというホテルに2泊。
Booking.com
東京の夏の暑さで疲れていた身体を休めるのに充分すぎる、きれいなホテルでした。

チェックインしたあとに夜のカステル・ガンドルフォを散歩。
涼しくて過ごしやすい。
バーの外の席は遅くまで賑わっていました。

ブログランキングに参加しています!クリックにご協力お願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

イタリア旅行記('13夏) 前夜祭!ローマ・フィウミチーノ空港までの道のり

今年初めての更新です!
えーっと...何を書こうかな...。
旅行の思い出の忘備録を残しておきたいのにまったく更新が追いついていない状況。

前回の記事に続き、イタリア旅行編を書き綴ることにします。
今日からの一連のイタリア旅行記事は、前回のトリエステの旅行記よりも過去に旅行した南イタリアでの思い出です。イタリアには今まで8回行っていて記事が多くなりそうなので、取りあえず北イタリアと南イタリアにカテゴリーを分けようと思います。

2013年8月に2週間南イタリアを旅行しました。
実はローマの空港に着くまでが長くて...。

諸事情により時間よりも価格最優先で、日本からイタリアに行ける最低価格の航空券を購入しました。
それが中国東方航空、名古屋発、上海乗り継ぎ、ローマ・フィウミチーノ空港着とう旅程だったのです。
まず東京から新幹線で名古屋へ。ここも本当はもっとおさえてバスで行くべきだったのでしょうが。

初めてのセントレア。綺麗な空港...!だったかな?多分。
猛暑の中荷物を運ぶのに必死で東京〜名古屋についての記憶がありません。
間もなく上海に着き、この航空会社は乗り継ぎでも一度チェックインした荷物を上海で引き取らなければなりませんでした。
そして上海からローマに発つのは次の日のお昼。
というわけで上海で一泊。

ここで欲張りになって、せっかく上海で一泊するのだから空港ホテルに泊まらないで街の中に宿泊したいと思い、市内のホテルを予約していました。ホテルというか、ホステルの1人部屋。
上海タワー(オリエンタルパールタワー)の近くでした。

空港から地下鉄で市内へ。
ここでホテルの住所と地図が載っている予約の確定を印刷した紙を車内に忘れてしまったようで..。
かろうじて香港路という道の名前は覚えていたのでタクシーをひろおうと思いました。

ところが...。
人、人、人。
そして先に道路でタクシーをつかまえようとしている人がいるなんて配慮をしていたら次々と他の人が乗っていってしまうので、みんな我が先にタクシーに乗るよ。
私は完全に、椅子取りゲームならぬタクシー取りゲームの敗者。
2時間タクシーをひろおうと大通りに立ったままいっこうにタクシーをつかまえることができませんでした(泣)。
やっと2時間過ぎてからタクシーをつかまえたものの、香港路(ホンコンストリートとか、ホンコンロードとか色々言ってみた)と言いたくても伝えることができず、後ろに立っているタクシーに乗りたい人の殺気のようなものを感じて、タクシーに乗ることは諦めました。

荷物を転がして、携帯電話に漢字で通りの名前を入力した画面を見せながら街の方々に聞いて、やっとホテルに到着しました。東京より上海のほうがもっと蒸し暑いのか、重い荷物と焦りがあったせいなのかわかりませんがあの夏の一番汗だくになった夜でした。
着ていたTシャツを部屋で脱いで絞ったのをいまでも覚えています笑。

荷物を部屋に置いてイタリアにスカイプしたあと、街へ繰り出しました。
もう10時くらいだったと思うけれど。
ワンタンスープがすごく安かったけれどそこそこ美味しくてほっとした。

RIMG2519.jpg
上海に行ったよ、という記念に一枚ぱちり。

翌朝空港に戻ってローマに出発!!

ブログランキングに参加しています!クリックにご協力お願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

イタリア旅行記 トリエステ イタリアで一番美しいと言われる広場

イタリア最北東の港町トリエステの旅行記。

美しい見どころがたくさんの街ですが、お次はイタリアで一番美しい広場の一つとも言われる、イタリア統一広場(Piazza Unità d'Italia)へ。海に面する広場で美しさ、大きさともに名高い広場です。一枚の写真におさめきることができない広さ。もっと海のほうへ行ったら広場全体が入りきったのかもしれませんが、暑かったので横着になりました(笑)。真っ青な海と、華麗な白い建築物の美しいこと。
RIMG3785.jpg

広場はイタリアの各街の象徴でもありますが、この広場も造りはオーストリア調ですね。
RIMG3791.jpg

広場を背にして、坂道を登って行きました。次のお目当てのサン・ジュスト大聖堂(Cattedrale Di San Giusto Trieste)へ。小高い丘の上に立つ、大聖堂につくまでの坂の並木道が美しい。白さの際立つ華麗な印象のミラマーレ城やイタリア統一広場とは打って変わって、茶色い落ち着いた聖堂です。元は古代ローマの神殿のあった場所に、6世紀ごろに教会が建てられました。この教会は現在は一部の床のモザイクしか残っていませんが、のちに10世紀前後にかけて2つの教会が建てられます。14世紀にこのふたつのバシリカはひとつの建物に改築されました。
RIMG3795.jpg

一見、地味な印象さえも受けるかもしれませんが、中に入ると荘厳な美しさに感動しました。
RIMG3805.jpg

モザイクがとても美しい。
RIMG3803.jpg

トリエステの待ちが一望できる鐘楼に登ってみました。金網があるので、写真撮影は難しいですね。
RIMG3808.jpg

このサン・ジュストの丘のもうひとつの見どころ、サン・ジュスト城です。時間がなかったので今回は外だけ。
RIMG3797.jpg

今回は一日しか観光する時間がなかったのですが、トリエステ、きっとまた行きます!名残惜しさを残して、夕食をとるために街を後にしました。夕食に行ったピッツェリアも良かったし、B&Bも居心地の良い宿泊先だったので、改めて記事に書こうと思います♪


ブログランキングに参加しています!クリックにご協力お願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。