マルタ旅行記(2日目)ヴァレッタ街歩き

ブルーグロット、神殿遺跡、マルサシュロックなどのひととおりの観光が終わり、ヴァレッタの街まで送ってもらいました。

マルタの中心の街、ヴァレッタの街の入り口
RIMG1972_convert_20090906225620.jpg


市門から街に入るとすぐ右側にある、街を見下ろすことができるアッパーバラッかガーデン
RIMG1980_convert_20090906230317.jpg

RIMG1988_convert_20090906230503.jpg
ベンチで座っておしゃべりしたり、散歩したりと街の憩いの場になっています。
とても美しいガーデンで、ヴァレッタの街にstayしていたら、毎朝散歩に行っただろうなあ

ガーデンの裏にはブリティッシュホテルなど、観光客に人気の料金の手頃なホテルがいくつかあります。
そのまま路地を直進し、街の奥のほうへ進んで行く。
RIMG1991_convert_20090906233256.jpg

街の奥側には、今度は緑の美しいロワーバラッカガーデンがある。
RIMG1996_convert_20090906233733.jpg

RIMG2000_convert_20090906230943.jpg

RIMG2010_convert_20090906231218.jpg
AT THE GOING DOWN OF THE SUN
AND IN THE MORNING
WE WILL REMEMBER THEM

この石碑を読んで、翌朝海岸で朝陽を眺めてみた。

そのまま道なりに海沿いを歩く。
マルタエクスペリエンス、聖エルモ砦などを通り過ぎ、坂を上りきった街の突き当たりのような位置から海を眺める。
夕日に照らされる海と街が美しい。

sunsetを目の前に、barのオープンテラスで休憩。
RIMG2018_convert_20090906231348.jpg

RIMG2022_convert_20090906231631.jpg

再びアッパーバラッカガーデンに戻り、今日のヴァレッタ散策は終わり。

たくさんの恋人たちが集う公園
RIMG2037_convert_20090906231519.jpg

地中海に浮かぶマルタ島は世界で一番、幸福度が高い島とも言われている。
どんな統計なのかはよくわからないけれど、オランダの学者の統計により、言われているとか??

幸福ってなんだろう?
マルタの美しい海を眺めながら、街を歩きながら考えていたけれど、夕日を眺めながら思い思いに過ごすカップルたちを見てとても幸せそうだと思いました。

夕暮れ時に公園のベンチに集まっておしゃべりするお年寄りたち、夢中になってサッカーのゲームをしている中年オヤジと歓声を上げる街の人々、わいわいとバスに乗り込み夜遊びに繰り出す若者たち・・

島全体に、ゆったりとした穏やかな時間が流れる

マルタの人たちは陽気で穏やかで、幸福度が一番高いというのはそんな人々を見ているとなんとなく納得。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。