シンガポールスリング

シンガポール旅行記2日目にラッフルズでいただいたカクテル、シンガポールスリングについてメモ。

RIMG0147_convert_20100322221103.jpg

シンガポールスリンズは1915年、シンガポールのラッフルズホテルで考案され、トロピカルカクテルの傑作といわれている。
イギリスの小説家サマセット・モームが“東洋の神秘”とたたえた、世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを表現したカクテルだそうです。
ラッフルズのバーはシンガポールスリング発祥のバーとしてあまりにも有名。

あるサイトでこのようなレシピを拝見しました。
・ドライジン(ビーフィーターのもの) 30 ml
・チェリーブランデー (ヒーリングチェリー)15 ml
・パイナップルジュース 120 ml
・ライムジュース 15 ml
・コアントロー(ホワイトキュラソー) 7.5 ml
・ベネディクティン 7.5 ml
・グレナデン・シロップ 10 ml
・アンゴスチュラ・ビターズ 1 Dash
・飾り - パイナップルのスライスにチェリーを竹のピンで刺し、オリジナルグラスのふちに飾る


うーん・・カクテルなんて自分で作れません!(笑)
あのラッフルズの雰囲気の中で飲んだ甘ったるい魅力的なカクテルが懐かしくあります。

ラッフルズホテルのロングバー
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。