イタリア旅行記(’13夏)ローマ近郊の古代都市をめぐる

引き続き2013年8月に旅した南イタリア旅行編を更新します

カステッリ・ロマーニのホテルをチェックアウトして、ローマ近郊の小さな街を2日かけていくつか回りました。

まずはヴェレットリ(Velletri)
RIMG2565.jpg
ここの街にも斜塔があります。写真で傾いているのがわかりますか?

ウォルスキ族(Volsci)の古代都市だったこの街、現在は人口5万人程の街です。

次はニンファ(Ninfa)へ。
RIMG2568.jpg
すっごくきれいな所だけれどなんと...閉まっていて中へ入れませんでした
駐車場にで待機して様子をうかがっていると他の車も来て中に入れないことを確認して諦めて帰っていったので残念だけれどまたの機会にということで。
写真は外から背伸びして撮影(笑)

ニンファの庭からほど近いノルマ(Norma)
RIMG2576.jpg

RIMG2570.jpg
小高い丘を上っていくと昔の壁が残されています。
歴史地区の一番高いところから、古代の時代の壁が街を囲っていた跡が見えます。

それから、私が一番好きだった街のひとつ
コーリ(Cori)
RIMG2580.jpg
こんなせまい道を車で通過していくのはハラハラしました!

中世から時間が止まったみたい..。
RIMG2586.jpg

急に降った雨が止んだので街を上がって下って散策。
RIMG2591.jpg

上がって下ってというのは、この街、地形を生かした作りと言うか、街全体が地形にとけ込んでいるのです。
丘ひとつが街そのものと言ったらよいのでしょうか。
段々と家が丘に沿って建てたれ、家々の間の小さな小道が迷路のように街の中をぐるぐると這っているのです。

イタリアは特にひとつひとつの街が個性的で違った表情で楽しませてくれるのがすごいところで、このローマから1〜2時間の人口1万人程度の小さな街も然り。

紀元前から栄えていたこの街は、ローマの街となった。
中世に他の力を持った一族に占領されるがまた教皇領に戻る。

夢中になって歩いていて気が着いたら夕暮れの時間。
RIMG2595.jpg

車と停めた場所まで帰れるか私は心配でした。
ピツェリアで夕食を済ませる。
でも、どうやら街を一周していたようで見覚えのある場所に出ました。

文章ではコーリの魅力が伝えきれなくて、ブログを読んでくださった方にどんな風に街が成り立っているのかお見せ出来る写真を別のサイトからお借りしました。
14525755.jpg

97601836.jpg
(写真はMetro Europe: http://www.meteo-europ.com/it/it/lazio/cori-foto.html)

翌日も美しい街を訪れました

おっと、忘れていましたがこの日宿泊したB&Bが本当に素敵でした!!
Rocca Massinaという街のB&B L'Arcangelo Booking.com

あー、何で写真撮り忘れちゃったんだろう。。。
B&Bは街の一番高い場所の岩をくり抜いた中にあるのです。
ここに泊まって写真撮るためだけにでもまたここに行きたいくらい素敵な空間でした。
Booking.comにも写真が載っているので気になる方は是非ご覧になってみてください。



ブログランキングに参加しています。1クリックにご協力お願い致します!!
↓↓↓旅の励みになります↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



〜旅の道づれ
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。